中国に行ってきました⑤(出来事など)

ショッピングモール前では…

ショッピングモールなどの前には季節などに合ったモニュメントなどが設置している事も多く、自分が今回行ったショッピングモールの前では世界各国の言語で「新年おめでとうございます」という春節をイメージしているモニュメントが設置されていました。

中で買い物などを済ませてから食事に行きました。食事では火鍋を食べながらじっくり色々な話などもできましたので良かったと思います。それに今回訪問させていただいた中で色々と有意義な話などもしてくる事もできましたのでなかなか難しい部分もありますが、徐々にできる範囲で行っていければなあっと思っています。

帰国する日には北京の空港ではチェックインカウンターが約2時間前からしか開始しませんので…その時間以前に荷物を預ける事ができませんので事前に並んでおく必要が発生します…それにプラスして入国審査と保安検査場でもものすごく時間がかかりますので時間に余裕をもって中へと入りましょう(;´・ω・)

実は昨年の8月にご挨拶を兼ねて行った際には皆さんが夏休みに入っていたこともありますのでとてつもなく混んでいる状況で、余裕をもって入国審査やセキュリティーチェックへ行ったのですが、最終的には搭乗時間ぎりぎりになるほどの混雑具合でして…ただ、それに比べると今夏は比較的並んでいた人が少なかった様に感じます。これも春節の影響でしょうか…

今回は入国審査で周囲を見渡すとほぼ中国人の状態で日本などの外国人は逆にほとんど居なかったように思えます…まあそんな事もあり、出国審査で自分のパスポートを見た職員がやけに確認しながらゆっくりわざと時間をかけてチェックしているのには若干イライラしてしまいました…きっと中国人の中にいきなり日本人が入ってきたら厳密にチェックという事になるのかもしれませんね…

出国審査の後には昨年出国した際に荷物を片っ端から出された保安検査場でチェックをするのですが、今回は荷物をぶちまけられる事はありませんでしたが、今回は身体チェックでやけに重点的にチェックをさせられまして…荷物が入りきれないという事でネクタイにシャツ、ズボン+セーターという恰好で行ったのですが、片っ端から細部までチェックをさせられてしまいました(;´・ω・)

毎回何かあるなあっと感じながら通過したのちに日本へ帰国しました。日本の税関では「今回の渡航目的は?」と聞かれて「結婚式です」と答えたところ、非常に驚かれて「それはそれは…おめでとうございます、どうぞ!」と問題は当然ないのでそのまま通されました…いずれにしてもとても勉強になった旅になりました。

[PR]
国際交流や国際会議など様々な場面で使用できるのがやはり国旗屋さんの国旗ではないでしょうか。国旗屋さんでは世界各国の国旗を取り扱いっていますので雰囲気づくりなどにぜひご利用ください。また、料理店(中華フランスイタリア台湾ベトナムインドなどの料理店)のPRなどにお使いいただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

翻訳(Translate) »

たーちゃんのたわいもない日常日記をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

Continue reading