餃子を作りましたが・・・

6月も中旬になりました。気温がかなり暑くなり、扇風機でも対応できた上旬に比べ、いよいよエアコンをつけなければならなくなってくる季節かもしれない時期になってきました・・・特に熱中症にならないように体温調節には十分注意して欲しいと思います。

さて、親族の結婚式も無事に終わって戻って来てから色々な事をしました。観光地へ行ったり等もしましたが、特に誕生月という事もありますので自分たちの為に料理を一緒に作ったことでは無いでしょうか。観光地へ行ったりした事に関しては後日に記載したいと思いますが、今回彼女の母が滞在していた時の料理でも特に印象的だったのが餃子でした。

餃子をつくりました

日本の餃子は中にニラ、キャベツ、肉などが入っている場合が多いのでは無いでしょうか・・・ただ、以前も掲載したと思いますが外国人の彼女と母が作る餃子には大体インゲンが入っています。意外とインゲンが入っていることで歯ごたえがあっておいしいです。とりあえず肉を使った餃子なども作りましたが、彼女の母が健康上の理由により肉料理を禁止されている部分がありますので肉の餃子は後日のお楽しみとして作った後で冷凍庫に保管することになりました。

作った際に食べた具材としてはキクラゲやビーフンなどでしたが凄くおいしかったです・・・彼女の母が強力粉から餃子の皮を作っていましたが、塊にしてから棒状に伸ばして包丁で一定の大きさに切ってから麺棒でチャチャチャっと餃子の皮(円形)にスムーズにしていく姿にはさすがに感動してしまいました。

自分と彼女で実際に餃子を皮で具を包んでいく事になりましたので、彼女に教えてもらいながら包んでいきましたが・・・どんどん作っていっている彼女に比べて初めて作っている自分は皮は破けないものの、1個あたりの作る時間が長いために最終的に次回の機会にという事で彼女と彼女の母があっという間に一緒に作ってしまいました・・・

実は結婚式の後で親族がうちに来てご飯を作ってくれた際にも同じように作っていましたが、さすが料理店に勤務されているご主人・・・包む作業もお茶の子さいさい的な感じで簡単に包んでいました・・・凄く羨ましいですね・・・とりあえず言語が話せるようになるのと同時に料理も出来るようにならないといけないと感じさせられてしまった出来事でした。

それにしても作った餃子を水を入れた中華鍋に入れて茹でた際の火の通り方は凄いなあっと思ってしまいました。特に中華鍋で作る炒飯や炒め物などは凄く火が通っていておいしかったりもしますのでおすすめですね・・・少しびっくりしたのは茹でた後に残った物をスープとして飲んだことですね・・・普段経験しないことを経験できるという点でも貴重な体験だったように思えます。

[PR]
この時期は暑さや温度変化などによる疲れが出やすい時期です。ビイレバーキングドックマンなどでしっかり滋養強壮、栄養補給をしていきましょう。また、目の疲れがひどい場合には杞菊地黄丸などの漢方薬もおすすめですのでぜひご利用ください。

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です