貧血に立ち向かう料理…

以前、彼女が貧血になりやすいので料理を作ったりと対策をしていました。その彼女が戻ってきますのでまた貧血にならないように貧血に対して良い方法が無いかと色々と調べてみました 。そこで今回は貧血に対しての対策などの調べたことなどについて掲載したいと思います。

人間にとって血液は最重要なものですが、血液は胃や脾の働きによってによって食物から消化吸収をすると共に精微物質(栄養源)として全身に行き渡らせ、臓腑などの栄養を与える源に なっています。血液不足は血行障害や血虚(血液不足)、血滞(血液の滞り)、血瘀(血液の詰まり)、血溢(血液の出血)などの病気をもたらす可能性があります…と言われていますが 、なかなか実際に外見を見ても「あなたは貧血ですね」とは言いにくい部分であるように思えます。

彼女も実際に外見で見ると到底貧血であるとは思えない体格ですが実際に貧血と言われた経緯もありました…
人は見かけによらず…という部分があるように思えます。

中国語のサイトを色々と見てみますと血液不足(血虚)の方に多い症状などは顔色が黄色っぽく、ベロの色は淡色、爪の甲は青白く、くらくらしたり眼が眩む、心悸があったり不眠症、物 忘れや手足のしびれや麻痺、便が乾燥しているといった部分の様です。女性の方には特に月経期に量が少なく色が淡く、ベロも淡く、脈拍は弱いなどといった事があげられます。そのような場合には補血が出来る物を選択して食物とともに補給をされる事をおすすめするとのことでした。

以前、実際にスープなども作ったりして貧血に立ち向かって行こうと思い実際に自分が作ったのはスペアリブやホウレンソウ、人参などを使用して作ったスペアリブのスープです。この時は凄い味が薄かったので次回はもう少し濃い目の物にしようと思ったのですが、比較的簡単にできる新しい料理レシピが出来たみたいなので紹介したいと思います…

[PR:医薬品、漢方薬で貧血を…]
産後のケアとしてのご利用や皮膚のカサカサや血行不良や貧血がある方は四物湯がおすすめです。また、虚弱体質で貧血の方には加味帰脾湯、身体が衰弱してしまっている方で食欲不振もある方は鹿茸大補湯がおすすめです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です