3月11日に発生した東日本大震災について

今日は画像を一切使いません…っというのも使う気にはなれないのです。今日はニュースなどでも報道されていたりしますが、東日本大震災が発生した悲しい日から5年です。この日は仕事をしていましたが、地震が発生してからUstreamで流れていたNHKで情報を確認していた1人でした。津波が現実に襲っている場面や必死に自衛隊を中心に色んな方々が救助している姿などを見ていました…今でも思い出すほど自分はこの災害に関して決して忘れる事はないんだと思います。

外国へ行ったり、外国人の彼女がいるという事もありますので昨年になりますが外国へ行った際に東日本大震災で実際に被災を経験された方と出会う機会がありました。実際にさりげなく聞いてみようと思いつつ戸惑いもありましたので数多くを聞くことはありませんでしたし、その方も多く語ることはありませんでしたが…その時の辛そうであの悲しそうな表情はいつまでも自分の心に残ると思います。

実際に自分も外国人の彼女と付き合い始めてから約2年が経過しようとしています。日本へ来たのは約3年前ですのでこの震災の事は当然知りませんし、昨年のこの日は彼女の家にテレビが無く、自分がその日の事を話をした程度で終わってしまいましたが、現在ではテレビのある生活をしていますので昨日ニュースで流れた映像は彼女にとっても衝撃的なものだった様で…涙を何度も流していました。

当時、津波から避難するために中国人実習生の方々を優先的に避難させ、残念ながら命を落とされてしまわれた宮城県女川町の佐藤水産で専務をなされていた佐藤充さんのニュースがあったりもしました。避難を優先させるという勇気は当たり前と思うかもしれませんが、特に外国人に対してここまでの事が出来る方は少ないのではないでしょうか。また、最近発生した水害でも外国語の案内が不足していたので困った外国人も多かったとニュースで流れていたりもしました。

正直自分も知りませんでしたが、NGOの共同レポートによれば東日本大震災の外国人被災者の数は約7万5300人程度に及んでいます。秩序が高いというニュースが報道されていたりもしましたが、この部分についてはほとんど触れる事はありませんでした。また、大震災が発生した後で日本から母国へ帰国された方々も多数おられます。確かに彼女は日本語が話せますし、書く事も全く問題がありませんし、日本であれば日本語を…という風に思うのは当たり前かもしれませんが、日本がもっとグローバル化になっていくのであれば、やはり外国語とも向き合っていく必要もあるのではないかと思います…

自分も昨日は日本で住んでいる、付き合っている以上は地震などの災害からは避けては通れませんので、久々に彼女と向き合って震災に関して話をする事になりました。実際に外国人の方と今後恋人や奥様としてお付き合いをされていく予定がある方は日本に住む以上、この部分は避けては通れない事の一つの様に思えますので、機会があれば一度話をされてみてはいかがでしょうか…改めて亡くなられた方々のご冥福をお祈り致します。そしてこの日が忘れ去られる事がないようにしていきたいと思います。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です