三浦市の城ヶ島へ行ってきました。

まだ春なのですが…

まだ春なんですけど…っと突っ込みたくなるような暖かさを通り越してしまってなかなか暑いです…こんなに暑くなるとまだ春なのに早くもバテ気味になってしまう感じもありますが、なんとか体調を整えて行こうと思います。今月に入ってもまだ精神的な部分で少し落ち着かない部分もありますのでなんとなく気分転換に行きたい気分になりました…

妻に行きたい場所を聞いたのですが…

妻に行きたい場所を聞いてみたのですが、妻からは「たーちゃんが行きたい場所ならどこでもいいよ」という中途半端な回答が帰って来てしまいましたので…どうしようかと困ったのですが…色々な場所を探す中で城ヶ島公園が出てきましたのでそこにすると言うと妻もいいよという回答でしたので行ってきました。

城ヶ島へは橋を渡っていきます

保土ヶ谷の方から横浜横須賀道路と一般道を使ったルートで城ヶ島へ行ったのですが、さすがに交通安全週間の最中という事もありましたのでかなりスピード違反の取締が盛んに行われていました…パトカーなどに捕まっている車を何度か横目に見ましたし…くれぐれも安全運転で行って欲しいですね…

三崎口には油壺マリンパークなどもありますのでそちらでも良かったのですが、今回は異なった目的もありましたので城ヶ島にしました。城ヶ島へは城ヶ島大橋(有料)を渡って行きますが、京急線三崎口駅からもバスがあったり、自転車などでも渡ることができます。

少し散策してから昼食を食べました。

城ヶ島内で駐車場は何箇所かありますが、大きく分けて城ヶ島灯台側と城ヶ島公園側(安房崎灯台側)とで分かれる感じがします。城ヶ島灯台側の特徴はマグロ丼などの海鮮料理を食べる場所が多く、安房崎灯台側は高台になりますので比較的ゆっくりする場所があったりしますので休憩や景色を楽しむのに適しています。

自分たちは城ヶ島灯台側に駐車をして細道を上がって城ヶ島灯台に登って見てから京急城ヶ島ホテルへの階段を降りて、岩場で海を見ました。

城ヶ島京急ホテル側(岩場)
城ヶ島京急ホテル側(岩場)

今回はiphoneのパロラマを使って撮影してみました。岩場は歩くのに苦労しますのでスニーカーなどの動きやすい靴や服装の方が良く、風も強いので飛びやすい物の管理には十分注意が必要ではないかと思います。かなり景色も綺麗でしたが、潮風が強くて涼しい感じでした。

 

三崎といえばマグロ

三崎といえば三崎港に水揚げされるマグロ(三崎マグロ)を使ったマグロ丼が有名だと思いましたのでマグロ丼を食べましたが、漬けマグロっぽくなっていましたので伺うとどうやらマグロに乗っける直前にタレへと漬けるのだそうです。実際に食べましたが凄く美味しかったです。

みさきまぐろキップ

お店で最初にみさきまぐろキップはお持ちですか?と聞かれましたので気になって調べてみると、京急線の電車とバスが1日乗り放題(各駅から三崎口まで途中下車可能)+バス1日乗車券(京急バス)+マグロまんぷく券(好きな加盟店舗から1店舗で使用可能)+三浦、三崎おもひで券(施設などで使用可能な券)がセットになっているお得なキップだそうです…

主にこちらのキップは電車で行きたい方にはおすすめではないかと思います。

※鳶(トンビ)が飛んでいます。

城ヶ島には鳶(トンビ)が生息していますので食べ物などを持って歩かれたりしますと食べ物目当てにトンビが飛んでくる可能性がありますので注意が必要です。

ご飯を食べた後は安房崎灯台へ

城ヶ島灯台を見た後で城ヶ島公園へ行く話になったのですが、車で移動する話をすると妻が「歩ける距離だから歩いて行こう、運動不足解消!」と気合を入れていましたので安房崎灯台へ歩いて行くことにしました。

城ヶ島灯台側から安房崎灯台側へはハイキングコース(約2.5km)もしくは道路沿いに歩いて往復で行けなくはない距離ですので歩かれるのも良いかと思います。自分たちは道路沿いを歩きましたが、大体距離的に約30分程度でした。バスも走っていますのでバスで移動しても良いかもしれません。

安心して移動ができます。

車で来た場合に心配になるのが駐車代金ですが、城ヶ島の駐車場は1日駐車しても450円~500円程度とかなり安いので安心して駐車して散策をする事ができます。また、電車の場合でもレンタル自転車もありますので利用されてはいかがでしょうか。

[PR]
身体の疲れには滋養強壮剤のビイレバーキングがおすすめですが、目の疲れには杞菊地黄丸などの漢方薬がおすすめです。また、打撲などをしてしまわれた場合には治打撲一方もおすすめです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です