アミノ酸の成分解説

アミノ酸について

アミノ酸は体内で合成する事ができない必須アミノ酸(9種)と合成することができる非必須アミノ酸の2つに大きく分けることが出来ます。原料は主にタンパク質で、そこからアミノ酸へ分解され体内で蓄えて維持されると共に必要に応じて変換される性質などもありますので、目的にあった組み合わせと摂取タイミングにより最大のパフォーマンスを得ることができます。また、体内のタンパク質の約15?20%のタンパク質は20種のアミノ酸から構成され、それぞれ異なった働きをしています。

アミノ酸の役割

BCAA

 総称して BCAA(Branched Chain Amino Acids)と呼ばれています。バリン、ロイシン、イソロイシンは必須アミノ酸の中でも運動によって不足したり、加齢によって吸収性が減退したりしてしまいます。筋肉内で代謝される性質でもある必須アミノ酸が不足するため、疲労部分の修復が充分行うことができずに筋肉痛などの原因になります。筋肉の維持や増強、ダイエットなどの目的におすすめです。

アラニン

 アルコールの分解促進や肝臓保護などの働きがあります。特にグルタミンと一緒に摂取することで肝臓でのアルコール分解代謝を促進したり、血管障害予防などに貢献するといわれています。

アルギニン

 免疫力を高めたり、肝臓での代謝促進、疲労の回復などに貢献する働きがあります。

フェニルアラニン

 神経伝達物質として役割を果たしています。

チロシンやトリプトファン

 セロトニンやエピネフリンの材料的な役割を果たしています。

グルタミン

 最も豊富なアミノ酸で、その含有率は骨格筋中に保存されているアミノ酸の約5割?6割程度、プラズマ中におけるアミノ酸の約20%以上を含有していると言われています。非必須アミノ酸ですが、ストレスなどによって急激に要求量が増加した場合には骨格筋や肝臓のグルタミン濃度が低下しているので、障害などが発生する可能性があります。

アミノ酸のその他の役割

バリン、ロイシン、イソロイシン、アルギニン

 筋肉内で直接エネルギー源となることで、グリコーゲンの維持などを助けます。

リジン、プロリン、アラニン、アルギンン

 運動による筋肉が損傷した際に、修復を行ったりすることで、故障の軽減に貢献します。

アルギニン、グルタミン

 疲労などの原因ともいわれている乳酸の発生を抑制することで、持久力等の向上を助けます。

プロリン、アルギニン、システイン(シスチン)

 成長ホルモンの合成や自己の免疫力による傷などの治療(免疫力の向上)を助けます。。

チロシン、トリプトファン

 アンモニア発生を抑制し、疲労軽減を助けます。

含まれている食べ物やサプリメントについて。

サプリメント

 スポーツドリンクなどに含まれ、2?6gが目安だと言われています。主にスポーツやダイエットの際には必須アミノ酸のBCAAは運動直前、直後に摂取すると言われています。また、グルタミンの摂取はL-グルタミンやグルタミンペプチドの摂取をお勧めします。

摂取に関する注意事項

 自分の目的にあったアミノ酸が十分に含まれているかを確認し、摂取するように心がけましょう。アミノ酸入り清涼飲料水の場合、目的とする種類や量が十分でない場合があります。

[PR]
特にクラシエコタローの漢方薬でお困りの方はナガエ薬局さんがおすすめです。国際会議や国際交流の雰囲気作りには国旗屋さんの国旗がおすすめです。