青汁の成分解説

 緑黄色野菜を搾ることで作られています。野菜の絞り汁自体に苦味がある場合も多いため、果物や大豆などを混ぜあわせたりして作られています。

搾り汁には野菜自体に含まれている色々な成分が豊富です。原材料に使われている野菜の種類も多く、多岐に渡るために実際に含まれている成分はその商品ごとに異なるのが現状です。

主な成分として、カロテノイドやクロロフィルなどが抗酸化作用に貢献し、青汁の成分が血清脂質に貢献するために総コレステロールや悪玉コレステロール(LDLコレステロール)を低下させるといわれています。

注意事項

摂取について

 青汁は野菜の成分ですので、特に問題はないとされています。青汁は濃縮していることが多いため、野菜に含まれているビタミンKが多く含有されている場合がありますので、抗凝固剤(ワーファリン)などの効果に影響がでる可能性があります。

含まれている食べ物やサプリメントについて。

 青汁はサプリメントの場合が多く、含有している種類も豊富でさまざまとなっています。また、生活習慣病などを目的として摂取する場合には食事などの摂生を行った上で、長期間での摂取をしましょう。