アラビノキシラン(米ぬか)の成分解説

しいたけ、スエヒロタケなどの菌糸体に含まれている酵素を米ぬかに由来したヘミセルロースに作用させることで得られる成分です。主にバイブラン、MGN-3とも呼ばれ、ナチュラルキラー細胞(NK細胞)を活性化させると言われています。

インターフェロンγや腫瘍壊死因子α(TNFα)の産生を促進させる作用もあり、免疫向上を助ける働きに大きく関わっていると言われています。

九州大学が致死性敗血症の動物にアラビノキシランを与えたところ、生存率の向上があったなど基礎的な研究の報告もなされています。また、アメリカ、オーストラリア、東南アジアなどでも注目され、薬との併用もしくは代替医療として用いられています。

学術世界大会なども開催されています。

注意事項

飲み合わせについて

 サプリメントとの併用に関しては全く問題はありませんが、妊娠中や授乳中の方で薬との飲み合わせについては相談をされてもよろしいともいます。

摂取について

 1日量は特に決まってはいませんが、ガンの場合には比較的高用量で使用される場合が多いです。

含まれている食べ物やサプリメントについて。

サプリメント

 短期間よりかは比較的長期にわたって摂取されている成分です。 主にレンチンプラスなどのサプリメントがおすすめです。

食べ物

 米ぬかの成分となりますので、食物においても米ぬかから摂取できる成分です。