塩素の成分解説

食塩(塩化ナトリウム)、塩化カリウムとして細胞の内側、外側に含まれ、成人の体内には約150g存在しています。塩酸として胃液にも含まれ、井の中を殺菌、消化促進、PHのバランス調整やタンパク質の消化を促進します。

塩素自体は漂白剤などに使用され、老廃物除去、消化不良の改善などに用いられています。塩素が不足してしまうと胃液の酸性度が低下してしまい、消化不良や食欲不振などといった原因になります。

注意事項

 食材に由来していますので、健康被害や副作用はないと言われています。しかし、食塩にはナトリウムと塩素の双方が含まれています。

 塩素は汗や尿として体外に排出されますが、ナトリウムの過剰摂取は心臓機能に必要なカリウムとのバランスが崩れる可能性や高血圧などの原因になりますので、注意が必要です。

含まれている食べ物やサプリメントについて

飲み物

 塩素は食品として多数含まれています。