ガルシニアの成分解説

 スイスの植物学者ローラン・ガルシンに由来している名前で、インドの南西部、タイなど東南アジアでは香辛料、民間薬などとして古く利用され、スイスでは製薬会社が抗肥満薬として研究や開発がされて、アメリカではダイエット食品として有名な成分となりました。

余分に摂取されてしまった糖質がATPクエン酸リアーゼの働きで体内に蓄積されることで肥満の原因になります。しかし、構造のよく似たヒドロキシクエン酸が存在すると働きを拮抗的に阻害するため、糖質から脂肪合成が抑えられ、阻害をすることでアセチルCoAの合成が阻害されるために脂肪分解を促進すると言われています。

脂肪にならなかったクエン酸はエネルギー源として利用可能なグリコーゲンとして蓄えられ、持久力の向上をもたらします。ダイエットとして有名な成分ですので、ダイエット手段として用いられる場合がありますが、可動に期待してしまう場合も多く、目安量に沿った摂取が望まれます。

注意事項

ガルシニアの摂取によりアスピリン、サリチル酸の血中濃度が上がったとの情報があり、厚生労働省が安全性について継続した過剰摂取により、精巣萎縮などの影響が認められていますので、目安を守って過度なダイエットを行わないようにしましょう。

含まれている食べ物やサプリメントについて。

サプリメント

 ガルシニアはサプリメントとして摂取する場合が多い。