イチョウ葉の成分解説

中国名での鴨脚の読みから由来し、漢方薬として気管支炎治療薬として用いられ、日本においては解毒、抗炎症、産前産後、長寿の生薬として利用されてきました。イチョウは銀杏(ぎんなん、ぎんちょう)と別名で呼ばれる場合もあります。ヨーロッパでは実際に医薬品として用いられています。

 イチョウ葉には脳内の血流改善が期待できるとして注目され、脳内に血液を供給するように改善することにより、神経細胞の絵師や脳梗塞などの予防、改善に貢献します。この他にも血液拡張、血小板凝集抑制、抗酸化作用による相乗効果も期待できますので、血流改善に貢献し、抗酸化によりフラボノイドが活性酸素によって赤血球、神経細胞が傷害されてしまうのを阻害します。

 日本では主に痴ほう症(アルツハイマー型、脳血管性)の改善、加齢による記憶障害の改善、健常成人における認識力(記憶力)の改善、抗酸化作用があると言われ、補助的な役割としてコレステロールの改善を目的として使用がされつつあります。

注意事項

摂取について

 精製がきちんとされていないエキスには毒性のギンコール酸が含まれ、重篤なアレルギーなど原因になる可能性があるため、日本では濃度を5ppm以下としなければならないといった規格基準が設けられています。妊娠中や授乳中、15歳未満の小児への摂取は避けたほうが良いといわれています。

副作用の可能性

日本で流通しているサプリメントに関してはギンコール酸に関する基準が定まっていることなどもあり、比較的安全性が高いと言われています。

基準や含有量がわからないのに個人輸入を行ってしまうことで摂取してしまったり、個人輸入して日本で販売している商品を同じく確認せずに購入してしまったりといったことでの危険性が高まりますので注意が必要です。

含まれている食べ物やサプリメントについて。

サプリメント

 日本ではイチョウ葉のエキスを使用しているサプリメントがほとんど発売されています。主にシュワーベギンコなどのサプリメントがあります。

食べ物

 生のイチョウ葉に関しては一般的には食べる事はほとんどありません。食べ物としては主に銀杏が有名です。

医薬品

 主にドイツなどのヨーロッパでは基準を満たした場合には医薬品として認められています。

生薬

 漢方薬の原料として使用される生薬(イチョウ葉末)があります。