硫黄の成分解説

タンパク質の働きに対して重要な役割があるシステイン(シスチン)という構成成分で細胞中に存在することにより、身体の組織を構成しています。医薬品の軟膏、クリームなどにも硫黄が配合されている場合があります。

ビタミンB1やパントテン酸と結合することにより、糖質や脂質の代謝に働き、解毒作用などもあります。コンドロイチン硫酸として軟骨や腱にも含まれ、抜け毛やパサツキの改善や関節強化におすすめです。

注意事項

飲み合わせについて

 硫黄は動物性の食品に多く含有されていますので、特に問題はないと言われていますが、普段の食生活で動物性の食品が多い場合には油分などといった偏食などの食生活にならないように気をつけましょう。

欠乏症について

 しみ、抜け毛、皮膚炎、関節虚弱などが起こる可能性があります。

含まれている食べ物やサプリメントについて。

食べもの

 カツオ、イワシ、牛肉、鶏卵、牛乳など

サプリメント

 特にこれというサプリメントは販売されてないといわれています。