カルシウムの成分解説

体内に約1.5~2%のカルシウムがあり、その99%は炭酸塩やリン塩酸として骨や葉に存在し、その他は筋肉、神経、血液中に存在しています。カルシウムは摂取量が少ないとも言われていますので補うことが理想です。

骨自体はカルシウムの保存場所として利用され、必要がある場合に血液に溶け出したり、骨に沈着したりしています。溶け出したカルシウムは生命活動に必要な調節する機能がありますが、吸収される過程で様々な要素が影響を及ぼすため、摂取されたカルシウムがそのまま体内で利用されていくことではありません。

骨粗鬆症、骨折の予防、月経前症候群(PMS)に伴う症状の緩和、閉経後の骨粗鬆症の治療、腎臓病患者におけるリン、甲状腺ホルモン代謝の調節として使用され、マグネシウムとの組み合わせによって夜中におこる足のツリなどに用いられたり、ビタミンDとの併用により、骨自体の強化などに使用されています。

カルシウムは欠乏してしまうと骨粗鬆症や骨折しやすくなり、成長期の小児や高齢者、妊婦や授乳婦の方はカルシウムが特に不足しがちだと言われていますので、摂取をおすすめします。

参考情報

栄養機能食品の表示情報

栄養機能食品の場合、表示してもよい内容

  • カルシウムは、骨や骨格の形成に必要な栄養素です。

栄養機能食品の場合、表示しなければならない内容

  • 多量摂取により疫病が治癒したり、より健康が増進するものではありません。
  • 1日の摂取目安量を守ってください。

注意事項

摂取について

カルシウムは食べ物の中にも含まれていますが、摂取後にお腹を壊したり、お腹が下ってしまうなどといった胃腸障害を生じることがあり、過剰摂取を長期間継続してしまうと、腎臓結石などの発症確率が高くなりますが、この場合にはマグネシウムとの併用がおすすめです。

シュウ酸、フィト酸、リンの成分はカルシウムの吸収を抑制し、ビタミンDや一部のアミノ酸は吸収を促進するため、カルシウムとの併用に注意しましょう。また、貧血になりやすくなる場合やビタミンDの過剰摂取によってカルシウムが多く吸収されることによる高カリウム血症になりやすくなりますので、注意が必要です。

医薬品との併用については一部ではありますが、医薬品との相互的な作用を示すデータがあるようですので、相談してから摂るのが良いと思います。

含まれている食べ物やサプリメントについて。

食べもの

牛レバー、牛乳、チーズ、ヨーグルト、豆腐など

サプリメント

マグネシウムとの配合の場合やマルチミネラルとして配合されている場合が多い。(マルチミネラルとの併用の場合にはカルシウムの摂取量に注意がしましょう。)

医薬品

電解カルシウムなどの医薬品としても販売されています。