カテキン(緑茶)の成分解説

平安時代の末に日本に帰国した栄西により、お茶の文化が伝わり、喫茶養生記に効用が記載されたことで、室町時代以降には掩れる形式でのお茶が一般化し、その後に蒸し煎茶(江戸時代)や玉露(幕末)が考案され、日本茶としての基準が確立しました。

胃がんの発生率が全国平均よりも緑茶の産地で有名な静岡県が低いという疫学的調査から、茶の機能性について研究が始っています。疾病の多くは活性酸素が原因として上げられていますが、カテキンは植物コレステロールの一種で抗酸化作用があることで、活性酸素を除去し、予防すると考えられています。

緑茶に抗菌、抗ウイルス、血漿コレステロール上昇抑制、肥満抑制、がん予防、血糖上昇抑制などの働きがあり、カフェインを含んでいますので、利尿作用もあります。

注意事項

緑茶にはタンニン類が含まれ、鉄分の吸収を阻害するとの報告などもありますが、併用に関しては特に問題がないと一般的には言われています。

含まれている食べ物やサプリメントについて。

食べ物

緑茶や紅茶などに含まれています。

サプリメント

カテキンのサプリメントも豊富に存在しています。