ケールの成分解説

日本では伝来は古く、江戸時代の大和本草にオランダ、サンネンナ(出島に住んでいたオランダ人)によってもたらされ、南欧から世界に広がったキャベツの原種です。

腸管からのブドウ糖の吸収を阻害することで、血糖上昇抑制の作用に関与していると言われ、シュウ酸含有率が低いことで吸収率は牛乳とほとんどかわりなく、カルシウムの供給源としても優れています。飲食物からのアミンや硝酸塩から作られる発がん性物質の生成を阻害すると言われています。

カルシウムの吸収作用に関連して、大豆イソフラボンやビタミンDなどの成分は体内でのカルシウムの利用促進を行い、骨形成の促進に貢献すると思われます。

注意事項

摂取について

 ビタミンKが多く含まれていますので、抗血栓薬ワーファリンの効果を減弱させてしまう恐れがあります。

飲み合わせについて

 ケールを含んでいる場合にヨウ素系統の吸収を阻害してしまうために、ケールの多量摂取や甲状腺ホルモン剤との併用には念のため注意しましょう。

含まれている食べ物やサプリメントについて

サプリメント

 ケールはサプリメントとして摂取する場合が多いです。