コラーゲンの成分解説

サプリメントとして販売されているコラーゲンは主に動物結合組織中にあるコラーゲンタンパク質を低分子かしたコラーゲンペプチドを意味しています。低分子化前はゼラチンや煮こごりなどといった、料理に含まれたり、お菓子の原料、医薬品のカプセルなどに使用されています。また、昔からロバ、牛などの皮から加熱抽出したものは漢方薬のアキョウとして古くから止血、鎮静などの目的で用いられています。

 コラーゲンペプチドは分子の形により1型?10数種類の型が知られ、生体内での分布や働きが異なり、サプリメントの原料として真皮に多く存在している1型と軟骨に多く存在している2型が使われています。美容や変形性関節炎、関節リウマチの改善などに使用されています。

注意事項

飲み合わせについて

 コラーゲンについては特にないと言われています。

含まれている食べ物やサプリメントについて。

食べもの

つばめの巣、フカヒレなど

サプリメント

コラーゲンはサプリメントとして配合されている場合が多いです。また、コンドロイチンやグルコサミンなどと一緒に配合されている場合も多くあります。