クランベリーの成分解説

花びらが鶴(クラン:つる)に似ていることから命名され、ネイティブアメリカンが野生種をキズの治療などに利用していたことが始まりで、壊血病としてはビタミンCが豊富に含まれているため、クランベリーが航海中の壊血病予防に利用されてきました。

プロアントシアニジンが含まれ、大腸菌などの尿路感染菌の尿路上皮への接着を阻害し、慢性化した場合にも菌の産生を抑制します。また、キナ酸の含まれていて、肝臓で安息香酸になり、その後に尿酸になるため、尿路感染に関わる菌は中性やアルカリ性の場合が殆どで、増殖を防ぐといわれています。

尿路感染以外にも歯周病やピロリ菌の抗菌作用、抗ガン、抗動脈硬化などに用いられています。

注意事項

 果実、ジュース、ジャムといった加工食品として摂取ができ、歴史も長いこともありますので、安全に摂取することが出来ます。

含まれている食べ物やサプリメントについて。

食べ物

 ジュースなどの飲み物として販売されています。また、風味などを付けることを目的に取り入れられる場合があります。

サプリメント

 サプリメントとしても比較的販売がされています。