クロレラの成分解説

60%が良質のタンパク質からなる、食物性プランクトンで、メカニズムについては解明されておらず、培養には光合成培養、非光合成培養とがありますが、ほとんどが利用成分の含有量が高い光合成培養の方式によって培養されています。

 細胞壁が厚く硬いので、サプリメントとしての摂取した際の吸収率が低下などがあるために、最近では細胞壁破壊したサプリメントなども出ています。血清コレステロール低下、血圧降下、抗腫瘍、抗潰瘍、免疫賦活、抗酸化などの作用があると言われています。

注意事項

摂取について

 クロレラの培養方式において、クロロフィル分解産物のフェオフィルバイトにより光毒性皮膚炎などの光線過敏症を起こす可能性があります。日本では財団法人日本健康・栄養食品協会(JHFA)が基準を既存のフェオフィルバイトが60mg%未満、総フェオフィルバイトが80mg%未満にするように定め、JHFAマーク取得の製品であれば問題はないと言われています。

飲み合わせについて

 ビタミンKを多量に含有するため、抗血栓薬ワーファリンの作用を減弱させる可能性があります。

含まれている食べ物やサプリメントについて。

サプリメント

 クロレラはサプリメントとして摂取する場合が多いです。主にクロレラZなどのサプリメントがおすすめです。