キャッツクローの成分解説

リウマチなどの特効薬、赤痢の治療などにインカ帝国の時代より先住民族が使用し、トゲの形が猫の爪に似ていることに由来しています。ペルーではアマゾンの貧困地帯にキャッツクローを植栽するフジモリ計画が着したことで、人工栽培ができるようになりました。

 炎症を伴ないようなリウマチ、神経痛、腰痛、関節痛などにアルカノイドによる働きやキノビック酸によって作用すると言われています。関節炎やリウマチの緩和に対してはグルコサミンやコンドロイチン硫酸との併用によって痛みの緩和に貢献したり、プロテオグルカンの分解を抑える働きを期待できます。

 WHOでは内蔵に生涯を与えることなく炎症の抑制する効果がある薬用植物として認定されたことによって、ヨーロッパでは抗炎症薬として販売がされたりしています。他にも最近には抗アレルギー、免疫賦活、抗酸化に用いられていると言われています。

注意事項

飲み合わせについて

 臨床試験では特に問題がないとされていますが、肝薬物代謝酵素を阻害する恐れがあるといわれています。

摂取について

 明確ではないとされてはいますが、体質や体調などにより、まれに頭痛や吐き気、めまいなどの症状が出る場合があります。

含まれている食べ物やサプリメントについて。

サプリメント

 キャッツクローはサプリメントとして摂取する場合が多い。主にダグラスラボラトリーズ社のキャッツクローマックスVがおすすめです。