ナイアシンの成分解説

ナイアシン(ビタミンB3)は水溶性ビタミンで、化学構造がタバコに似ていることからニコチン酸アミドとニコチン酸の2種類があり、タバコの成分と間違われやすいこともあり、ナイアシン、ナイアシンアミドと呼ばれています。

糖質や脂質などの代謝、性ホルモンやインスリンの合成に関与している成分で、ビタミンB1、B2、B6が不足してしまうことにより、ナイアシンの合成能力が下がってしまうと言われています。

ナイアシンが欠乏することで頭痛、めまい、歯肉炎、口臭、食欲減退、便秘や下痢、神経障害などの可能性があり、神経障害などに置いては鬱病などを生じる原因になります。

参考情報

栄養機能食品の表示情報

栄養機能食品の場合、表示してもよい内容

  • ナイアシンは、皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。

栄養機能食品の場合、表示しなければならない内容

  • 多量摂取により疾病が治癒したり、より健康が増進するものではありません。
  • 1日の摂取目安量を守ってください。

注意事項

飲み合わせについて

インスリン合成に関係がありますので、糖尿病の方は念のため医師に相談されることをおすすめします。

摂取について

食品に由来し、水溶性ビタミンでもありますので尿として排出されるため、比較的安全だと言われています。

含まれている食べ物やサプリメントについて

食べもの

 豚・牛のレバー、豚ロース肉、鶏ムネ肉、タラコ、カツオなど

サプリメント

サプリメントでも摂取可能ですが、マルチビタミンやビタミンB群のサプリメントに配合されている場合も多いので注意しましょう。