ニッケルの成分解説

微粒子元素で尿素分解促進、心臓や肝機能の維持、鉄の吸収促進、核酸の安定化、ビタミンB6とともに代謝に関与することで酸素の活性を維持すると言われていますが、まだ解明されていない部分も多いと言われています。

 ニッケルは解明されていない部分も多く、超微量元素です。主に尿素の分解を促進し、心臓や肝機能の維持、鉄の吸収促進、核酸の安定化、ビタミンB6とともに代謝に関与することで、酸素の活性を維持します。主に尿素分解を促進、鉄の吸収促進、核酸の安定化を図るとして用いられています。

消化管からの吸収はされにくいですが、皮膚や肺などからは簡単に吸収されますので、過剰になるとDNAに影響を及ぼす可能性があり、歯肉炎、口内炎、めまい、ガンを誘発したりするの可能性があります。

注意事項

摂取について

豆類の食材に由来していますので、問題などはないと言われていますが、急性の心筋梗塞や脳卒中の発症後には血液中の濃度が高まります。

飲み合わせについて

一部の医薬品との併用に関しては相談してから摂るのが良いと思います。

含まれている食べ物やサプリメントについて。

食べ物

大豆、インゲン豆、きなこ、蕎麦など

サプリメント

ニッケルはサプリメントとして多く販売されています。