ニンニク(大蒜)の成分解説

中央アジアが起源で東南アジアや地中海地方へと広がりました。日本でもおおびるの古名として古事記や源氏物語に登場したりしています。

古来より、皮膚疾患、消化不良、食欲不振、リウマチとして使用され、臭いのもとであるアリシンはビタミンB1と結合してアリチアミンという物質となり、ビタミンB1の吸収、持続性を高めることでエネルギー代謝を活性化させることで疲労回復作用を発揮します。

ニンニクの摂取による抗酸化作用により血圧上昇が考えられ、硫化アリル物質は強い抗酸化があり、結腸や胃、前立腺などの抗ガン、心血管保護などの作用があるといわれています。

ヨーロッパでは抗血栓薬、抗アテローム性動脈硬化薬、ドイツ保健省植物性医薬品委員会では血管変性予防や高脂血症における食事療法として推進され、欧州科学植物療法協会ではアテローム性動脈硬化症予防、血中脂質濃度上昇時の治療、末梢動脈性血管疾患時の循環器改善、上気道の感染症、感冒を適用症として用いられています。

注意事項

摂取について

1日2~3個を摂取すると下痢や胃腸炎などの症状を起こす可能性があり、妊婦、乳幼児に関しては流産などを起こす可能性が示唆されている部分もありますので、摂取は避けるか、医師に相談をしましょう。

含まれている食べ物やサプリメントについて。

食べ物

ニンニク(ガーリック)、調味料など

サプリメント

ニンニク(ガーリック)はサプリメントとして多く販売されています。ダグラスラボラトリーズのガーリックなどがおすすめです。