西洋シロヤナギの成分解説

鎮痛薬として古くから処方されてきた歴史があり、アスピリンのリード化合物がこの植物から見出されています。

サリシンと呼ばれる成分がグルコースを切断してサリゲニンとして吸収され、血中や肝臓でサリチル酸に酸化することで、解熱、鎮痛、高リウマチの作用があるといわれ、サリチル酸の様な副作用が見られないなどといったメリットがあります。

注意事項

摂取について

 妊娠中の方やサリチル酸に対してアレルギーや過敏な症状を起こす可能性がある体質の方は摂取を避けてください。

含まれている食べ物やサプリメントについて。

サプリメント

 西洋シロヤナギはサプリメントとしても販売されています。主にケアマックスNEOなどに用いられています。