セラミドの成分解説

スフィンゴイド塩基を基本骨格として持つスフィンゴ資質の1種で、スフィンゴシンやフィストスフィンゴシンがアミド化されて作られる表皮内脂質です。

合成品や動植物由来とがあり、動物では牛脳、植物ではシソ葉、小豆、ブロッコリー、小麦粉などに多く含まれています。しかし、狂牛病の関係もあり、植物性セラミドが主に使用されています。

ドイツの医師J.L.W.Thundechumの研究によって、脳中のスフィンゴ脂質が存在することが明らかになり、皮膚保湿やバリアー機能改善、荒れ肌などの改善に作用するといわれ、用いられています。

注意事項

摂取について

 原料に小麦を使用している場合が多く、小麦アレルギーの症状が出る可能性がありますので、原材料表記を良くみましょう。

含まれている食べ物やサプリメントについて。

サプリメント

 セラミドはサプリメントとしても販売されています。

化粧品

 キュレルの乳液など化粧品に含まれている場合も多くあります。