テアニンの成分解説

宋から帰国した栄西によりお茶が伝わり、喫茶養生記に効用を説かれたことで室町時代かられ掩れ茶が一般化し、江戸時代には蒸し煎茶や玉露が考案され、日本茶の基準が確立し、緑茶の産地である静岡県では胃がんの発生率が全国よりも低いということから研究が始まりました。

腸管より吸収されて、血液、肝臓に取り込まれ、血液脳関門を通過することで脳内へ取り込まれ、リラックスや月経前症候群の改善などの作用があります。

注意事項

摂取について

特に異常などはないと言われていますが、体質や体調により多量摂取は下痢などを起こす可能性があります。

含まれている食べ物やサプリメントについて。

食べ物

一般的な緑茶として飲まれています。

サプリメント

テアニンは主に緑茶系のサプリメントとして販売されています。