甜茶(てんちゃ)の成分解説

中国では中国の旧暦正月(春節)の頃に飲む習慣があるお祝いのお茶です。中国本草図録には解熱、咳止めなどの症状に作用すると記述され、食欲増進作用もあることで開胃茶とも呼ばれています。

甜茶は甘いお茶を意味し、アレルギーに対する薬効はバラ科の甜葉懸鈎子だけにあると言われ、甜茶エキスには炎症に関係のある酵素シクロオキシゲナーゼの活性を阻害し、肥満細胞からのヒスタミンなどの化学伝達物質の過剰分泌を押さえるなどの抗アレルギー作用が確認されています。

花粉症などのアレルギーに対しては、シソ葉や種子エキスを含んでいるお茶や食品などとの併用でアレルギー抑制作用があると言われています。また、炎症に対してもシソ種子エキスとは別の作用がありますので、併用をおすすめできます。

注意事項

摂取について

一般的に中国での食経験は長く、安全性は高いといわれています。

含まれている食べ物やサプリメントについて。

食べ物

中国や日本でお茶として販売されています。
主に甜茶100%鼻とおりゃんせなどの商品があります。

サプリメント

甜茶はお茶以外にもサプリメントとして販売されています。