鉄(Fe)の成分解説

身体には約3~4gが人体に含まれ、約60%は血液中のヘモグロビン(赤血球)、約7%はヘモグロビンに似たミオグロビンといった筋肉細胞に存在し、ヘモグロビンの形成や酵素などによるエネルギー生成、DNA合成で重要な役割を果たしています。

ヘモグロビンの赤血球の成分として、肺から吸収した酵素を酸素を各細胞まで運んだり、筋肉中のエネルギー代謝に酸素を供給したり、エネルギーの生成に関わっています。

鉄には植物性食品に含まれている非ヘム鉄と動物性に含まれているヘム鉄の2種類があり、ヘム鉄の方が非ヘム鉄に比べ吸収性が良いと言われています。鉄欠乏性貧血の予防や改善、鉄欠乏症の部分に起こる高次機能障害の改善や腎不全患者の造血因子製剤の効果促進などに用いられています。

欠乏してしまうと胃腸障害、神経過敏、鉄欠乏性貧血、食欲不振、下痢、便秘などの症状を起こしやすくなりますので、注意が必要です。

参考情報

栄養機能食品の表示情報

栄養機能食品の場合、表示してもよい内容

・鉄は赤血球を作るのに必要な栄養素です。

栄養機能食品の場合、表示しなければならない内容

  • 多量摂取により疾病が治癒したり、より健康が増進するものではありません。
  • 1日の摂取目安量を守ってください。

注意事項

飲み合わせについて

食材などに由来している成分ですので、問題がないと思いますが、高用量摂取をした際にまれに胃腸障害を起こす可能性があります。また、医薬品との飲み合わせについては念のため相談しましょう。

摂取について

ビタミンやミネラル、タンニン酸などが吸収性に影響がある可能性がありますので注意が必要です。月経時には目安量を摂取しておくことで、鉄欠乏性貧血の予防などにも繋がります。

含まれている食べ物やサプリメントについて。

食べもの

牛・豚レバー、スッポンの血、鶏卵、鶏肉、カツオ、イワシ、煮干しなど

サプリメント

鉄はマルチミネラルなどに配合されている場合があります。併用したりする時には、摂取量に気をつけましょう。主にダグラスラボラトリーズシリーズのUP3(ウルトラプリベンティブ)に配合されていますのでおすすめです。