サプリメントの使い方について

2019年2月1日

サプリメントの使う場面について

 病気予防や栄養補給など用途や目的などによってさまざまな使い道や成分、摂取量などがありますので、人それぞれ異なるのではないかと思います。ただ、次の摂取の際に注意がありますので、ポイントにまとめましたので、注意をしながら摂取するようにしましょう。

普段の生活環境の状況が原則です。

  • 日常生活が原則
    日常生活や環境などにより、摂取するサプリメントの種類などは全く異なります。サプリメントの種類もたくさん飲めば良いということではなく、ポイントを決めて摂取するようにされると良いかと思います。

食事の代わりにはしない。

  • 日常生活の食生活から身体にとって必要な成分を補うことが出来ます。
  • 食事の代わりとしてサプリメントの摂取で済ませることは止めましょう。
  • 病気などによりやむを得ない場合など特別な事情ある場合には食事の代わりとしての摂取はOKです。)

摂取量に注意しましょう。

  • サプリメントはたくさん飲めば良いというものではありません。1日目安量は安全に摂取をすることが出来る量となりますので、目安量を守りながら摂取しましょう。
  • サプリメントの併用に気をつけましょう。特にビタミンやミネラルが例として挙げられたりしていますが、サプリメントを数種類併用する場合には摂取することができる成分が過剰摂取にならないように注意が必要です。

成分含有量と価格帯について

  • 正直、金額だけではわかりませんので、サプリメントは金額だけで決めるのだけはやめましょう。
  • 食品ですので、内容量や原材料、栄養成分表示などを見ながら決めるのが理想的です。
  • 金額が高いから成分がたくさん入っている、金額が安くて成分は成分は多いけどカロリーや塩分が高いといったように金額や成分が含有している量には大きい差があります。

サプリのラベルの見方(正しく安全なサプリメントを選ぶ)

サプリメントに貼られているラベル

 各商品に記載されているラベルを確認することで、成分や原材料などといった必要事項の確認ができます。主にラベルに比較的記載されている項目について紹介します。

項目1:栄養成分表示

  • カロリー、ナトリウム、タンパク質、炭水化物など栄養摂取に関しての項目が記載されています。特に食事制限などがある場合には注意が必要です。
  • 主成分に関しても記載されることも多いが、主成分表示という項目を設け、含有している主成分を別途記載される場合もあります。

項目2:原材料

  • カニ、エビ、牡蠣灰などサプリメントが製造される過程などにおいて用いられている材料が記載されています。
  • 食物アレルギーなどがある場合には必ず確認しておきましょう。

形状、製造業者や販売業者の情報があるか。

  • カプセル、粒、液体などサプリメントにも種類がありますので、苦手な形状がある場合には確認をしましょう。
  • 製造業者や製造販売者などの情報がきちんと表示されているサプリメントを選びましょう。

摂取期間について

海外では医薬品の場合

実際に外国では医薬品として認められている成分で日本では食品として販売できる成分などの場合には比較的薬として考える場合もあります。また、個人輸入などによる海外のサプリメントはキレート加工など日本では認められていない加工方法などがされている場合もありますので一般的には日本のサプリメントをおすすめされる場合がほとんどです。

日本では食品の場合。

普通にサプリメントとして販売されているのが一般的となっています。速攻性は考えにくく、最低1~3カ月程度は必ず飲み続けていない意味がない場合が多いです。相談をある程度の期間ごとにされてみるのも手段かと思います。

[PR]
様々な漢方薬(コタローやクラシエ)・サプリメントなどのご購入ならナガエ薬局さんがおすすめです。