ハイヤーではない

最近ではこういう事は無くなりましたが、付き合い始めてから少し経過した頃くらいからでしょうか・・・彼女を迎えに行くか行かないかという点で何度も問題になったことが多くあります。以前にも話題にした事がありましたが、その時はまだ自分の携帯番号も覚えていないし、メモもしてない状態という緊急事態でもありましたので仕方が無い部分もあったりしましたが、それ以外にも迎えに行くという事に関しての文化の違いというのがある様な気がします。

色々と日本ではまず無いので信じられないような事だとは思いますが実際にあった話ですと・・・例えば自分が彼女の家に泊まりに行った際に彼女よりも先に帰宅すると必ず彼女が仕事から帰ってくるときには駅まで迎えに行かないと・・・

外国人彼女の怒り顔何で駅まで迎えに来てくれないの?
たーちゃんの困り顔いや、だって駅から10分程でしょう・・・
外国人彼女の困り顔心配にならないの?夜暗いだよ!ゴミョゴミョ・・・
たーちゃんの困り顔そう言われてもなあ・・・

・・・といった感じになったりする事がしばしばあったり、自分も仕事が終わって彼女の家へ泊まりに行くのに行くよ~などとLINEなどでメッセージを送信するとその返答が・・・

外国人彼女の困り顔今○○(そこそこ距離がある場所)にいるけど迎えに来れないかな?
たーちゃんの困り顔どうして?電車で帰って来れない?
外国人彼女の困り顔帰れるけど!荷物多いから重いし寒いだよ!だからゴミョゴミョ・・・
たーちゃんの困り顔そう言われてもなあ・・・

・・・といったある意味で自分がハイヤーなどの運転手さんみたいな感覚で簡単に迎えに来てくれるという様な考えでいられるのは・・・さすがにありえないし、自分が利用されているだけではないだろうかと思ってしまう部分もありますので、さすがに迎えに行くことに関してそういう事は頻繁に出来るわけも無いので「自分は便利屋でもない!」っと怒りました。

彼女もさすがに本当にごめんなさい・・・泣きながら誤って事なきを得たという事もあります。それ以降はじゃあ先に帰るね~とか、気をつけて帰ってね・・・といった内容になっていますので分かってくれたんだな・・・と実感をする事が多いです・・・この辺はやはりお互いに言葉を使って時間を掛けて話し合っていくことが大切である様に感じます。

[PR:滋養強壮に・・・]
迎えに行く時に車を運転したり駅まで徒歩で・・・といった部分でやはり身体に無理も生じて疲労の原因になりました・・・今でもそうですが、自分の場合はビイレバーキングドックマンといった滋養強壮剤を飲んだり、筋肉痛の時にはアバンドというサプリメントや精神的な疲労の時にはセントジョンズワートなどのサプリメントを飲んでいます。あくまでも自分の部分ではありますが、特に疲労にはビイレバーキング、精神的な疲れにセントジョンズワートがおすすめです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です