ようやく始まった

朝、家から出るとモワッとした後でジメッと感じる暑さを実感しながら通勤しています。最近では週何日かは会社へバスで通勤せざるを得なくなりましたのでバス停まで歩いて行くのですが、何もしなくても汗が出てくるのに歩くともっと汗が流れ落ちてきたりしますね…

ただ、身体を鍛えるのには歩くのは悪くはないと思いますので、特に下半身の身体を鍛えると思うようにしています。かなり暑い日が続いている状況なので脱水や熱中症などで倒れないように気をつけたいと思います…

さて、今回の話は随分前になりますが約2ヶ月程前に始まりました…彼女から「予定日なのに女性特有の症状がこないんだ」と言われたのがきっかけでしたが、出会った当初から一時期を除くとほぼ遅れている(通常27日前後だったのが35~40日程度の周期)と聞いていましたのでいつもの事だなとあまり心配はしていませんでした。

とある病院
とある病院

その後も女性特有の症状が来る気配すらないという状況でしたので一応病院に言ったのですが、生理が頻繁に2ヶ月以上遅れている場合を除いて治療は原則として行わないといった事を言われたみたいで、念の為に血液検査をしてもらいましたが数日後に結果を聞くと特に何もないという事でした…(他の項目で言われた事があるみたいですが、以前にも言われた事がある事ですので…)

そこで一応、以前から体質的に貧血が彼女にはありましたし、日常生活でもかなりのストレスもあるという状況が続いていましたので、漢方相談を行った上で加味帰脾湯という漢方薬を1ヶ月分買ってきて飲ませてみました。すると2週間位が経過してからようやく「女性特有の症状が来た」と連絡がありました…

やっと来たか…と安心はしましたが、今回は約2ヶ月ちょっとの遅れでしたので今後が少し心配です…それに根本的に彼女に薬を継続して飲ませていく事が難しい状況でもあります。彼女は症状が改善すると治ったから飲まないと決めてしまうと飲まないという性格ですので今後はシャクヤクナツメなどの生薬で作ったお茶などで対応していく事になると思います…

それによく考えてみると最近はあまり遠出などをして遊びに行ったりしていないなと思うとやはりストレスの部分が大きいのかな…と思ってしまいます…一応、お盆には休暇を取ることができましたのでどこかへ遠出をしたいと思っていますが、彼女も忙しい感じがありますのでしっかり予定を調整していきたいと思います。

[PR:夏の季節には…]
喉のかわきやほてりがある疲れには白虎加人参湯などの漢方薬がおすすめです。また、身体の全体的な疲れにはビイレバーキングなどの滋養強壮剤や身体の疲れなどによって目が疲れてしまう方には杞菊地黄丸もおすすめです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です