UMIDIGI A15の商品画像

UMIDIGI A15を検証しました

先日、UMIDIGI A15を購入して使用を始めて感じた違和感(カメラに関する部分)がありましたので検証を実施してみる事にしました。あくまでも個人的な見解になりますので情報程度に留めてもらえればと思います。

そもそも疑問に感じた部分

この部分に関しては購入して標準のカメラアプリを使用した際に設定で見たときに違和感を感じた部分で以下の写真のように64MPを搭載している説明されているのですが、16MPの設定しか存在しませんでした。

カメラの設定スナップ画面

正直???という状況になりましたが、UMIDIGI A15を購入しましたでも記載していますが64MPという単体で選択するモードあるのでそれを利用するという感じで撮影できるという話なので64MPに誤りがないかと思っていました。

違和感も感じたので検証

実はHUAWEI P40 lite 5Gも64MPなので撮り比べをしてみる事にしましたが、かなり画質に違和感を感じましたので果たして本当に64MPなのだろうかという疑問が出てしました。

※まず撮影した写真を掲載しました。

上記の写真はそれぞれウォーターマークを付けた上で同一方向ではなく、異なる方向から高さを同じにした状態で撮影しました。

※Windows10標準アプリで実際のサイズを選択した状態です。

なんとなく見比べていただくとUMIDIGI A15の方が荒い感じになり、たしかにGoogleフォトなどの情報では64MPになっていますが、標準アプリで普通に撮影した場合はGoogleフォトでも16MPといった感じでカメラアプリの設定通り、16MPでの撮影という状況になるなります。

そこでメインで使用されているカメラが違うのではないか?と思っていくつかのアプリで検証してみました。

検証結果

基本的にDevice Info HW以外のアプリではすべてほぼ16MPの結果を表している状況である事から64MPで撮影する際には標準カメラアプリで撮影しないと使えないという結果になりました。

※ハードウェア情報を確認するアプリを使用して検証してみた結果

実はUMIDIGI A9 Proも所有していますが、こちらの結果はきちんと48MPとなりますし、他の機種でもほとんどがその表記のMP数になりますが…っとなるとUMIDIGI A15に関しては16MPのカメラがメインカメラで64MPが仮に搭載されていたとしてもサブカメラという感じになるんだろうか…

フロントカメラが16MPでメインカメラが64MPならメーカー側で選択するカメラを間違えてるかもしれませんが、それにしても標準が16MPのみと言われても困るし、それだと日常的に他のカメラアプリやチャットなどで撮影した写真はほぼ16MPという扱いになりますのである意味で気軽に思っていた画素数での撮影ができない自体となり、使い物にならないという状況に陥ります。多分デュアル撮影なども出来ていないかもしれない…

なお、風景などに関しては全体で見る分はわかりにくいですが、文字などの部分でなんとなく見極めも出来て粗さが目立ちます…64MPでの撮影と16MPでの撮影は拡大するとなんとなく違いは見えますのでカメラを切り替えているかAI処理しているかは謎です。

もしそうなら説明としては正しい説明とは正直思えないし、楽天モバイルで使いたかったのですが、他のSIMをメイン機には挿入してこちらはテザリングして使うしかないかと…

個人的には標準で使用できないと意味がないと感じましたのでサブ機をして使用したいと思いますし、楽天でもBluetoothのイヤフォン・ワイヤレス充電器などもレビュー書くと付いてくるという話らしいので安いと思えば安いかもしれませんが…自分は保証問題などもあるのでAmazonで購入しています。

残念ながらこの辺りがUMIDIGIがあまり評判が良くない理由であるのもなんとなく判る気がしてしまいますが、安価でカメラ機にしないよっという方を中心におすすめではないかと思います。

この使用するメインカメラはせめて設定でデフォルトを変えられるようにするか、できるなら64MPメインにして欲しいと思います…(説明ではそうなっているので…)

[PR]
本格的な冬になってきました。下肢の痛みや骨筋肉の強化におすすめな漢方薬の独活寄生丸や肩こりや高血圧などでお困りの方には冠心逐瘀丹などの漢方薬がおすすめです。また、インフルエンザなどには柴葛解肌湯や喉の痛みには銀翹散などもおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

翻訳(Translate) »

たーちゃんのたわいもない日常日記をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

Continue reading