良く質問や相談をされる事

花粉の季節になりました!

いよいよ季節も春になって参りました。春といえばやはり花粉の季節ですね…ここ数日はとてつもなく花粉による攻撃が原因で鼻水や目のかゆみによる症状に苦しめられています。さすがにくしゃみが連発したり、鼻水が出てくるとティッシュもすごい勢いで使ってしまいがちですのでいつもの薬局さんでアレジオンを購入して飲んでなんとか凌ぐ事にして飲み始めました(^_^;)

仕事も環境が少し変わりましたので週始めは調子がそこそこなのですが、週末になってくるとだんだんだるさなど疲れが出てきてしまいますのでなかなか体調は下り坂になりがちですが、なんとか持ちこたえて頑張っていこうと思います。

質問される事も多くなりました。

結婚してしばらく経過しますが、どこから伺ったのかはわかりませんが仕事場などで色々と質問を受ける機会が多くなりました。今回は多く受ける質問について個人的に思っている感想を記載したいと思います。以前、回答した事に重複する事やあくまで個人的に思っている事でもありますので参考程度にしていただければと思います。

  1. 実際に国際結婚するまでに苦労した事は何でしょうか。

    かなり苦労した事が幾つかありまして…まずは妻の両親に結婚を認めてもらう事が大変でした。一番最初に彼女(妻)の両親とお会いした時は完全にアウェイ状態で他人扱いをされましたが、自己紹介だけではなく自分はこういう人間ですというのを話さなければなりません。何度か会いに行くうちに打ち解けることもできましたので良かったと思います。打ち解ける事ができないとなかなか進展は難しいのかもしれないなと感じる事も多かったです。
    次に自分の親や兄弟などにも納得してもらわなければならない事も大変でした。ただ、自分たちの場合には何度も会っていくうちに打ち解けてくれましたのでその点は良かったと思います…最悪、馴染めなければ疎遠になる事も覚悟していましたので…今となっては安心できる事ではないでしょうか…
    後は金銭面や文化の違いではないでしょうか。この部分は相当苦労します…両親に会いに行くとなると海外に行く事になりますのでその旅費もそうですが、逆に来日される際には案内をしたりする事も含めるとかなり大変でした(・_・;)…それにある程度は仕事をしている会社にもある程度理解をしていただかなくてはならない部分もあります。
    文化の違いでは日本では考えられないような事が彼女(妻)の国では当たり前に行われていたり、その逆もありますのでその違いは我慢などはせずにお互いに解決をしなければならないと思います。

  2. 当たり前の事というのは具体的には何ですか。

    簡単に言ってしまうと実際に発生した状況としてはデート時は合流という事ではなく必ず送り迎えをしなければならなかったり、頭痛や風邪を引いてしまったりしたなど何か困ったことがあったら実際に家まで行って対応をしなければならなかったりといった事がありました。実際には送り迎えをしなければならない部分というのは日本で電車やバスの乗り継ぎ方法がわからなかったという事を後に聞かされましたが…Σ(・∀・;)…プレゼントは記念日などには必ず用意するとか…

  3. 彼女(妻)のビザ取得は難しいですか。

    以前にも掲載していますが、ビザ申請のときには出合ってから結婚するまでの経緯を記載する部分がありますので説明を求められます。自分は日本で生活していた彼女(妻)と出会い、そのまま結婚までしましたので特に何かある訳もないですし、お互いの両親も何度かお会いしたこともあったり、自分も妻の両親にはあったりしていましたので写真なども一緒にして提出しました。実際に結婚する際に日本に来られる場合に関しては分かりません。提出時の時に資料を担当者が確認して受理されるようですので中途半端な感じだと返される可能性や申請却下などの原因になるようです。

  4. 付き合い出してからしばらく経過すると何か変化がありますか。

    具体例を出しますと先日に携帯電話のキャリアを店頭で変更したのですが、契約時などの際にアジアの人が担当になっても違和感がないという事があります。なかなか通常は日本人でなければちょっと怖いという不安感があったりする事も多いのですが、どちらの出身ですか?と世間話も交えながらわからない部分は最悪中国語か英語が分かれば筆談しながら話はできますので得した感じになりますね。ただ、中国語で話すと周りの人達からの目線が痛いです(~_~;)
    それにある程度は自分の意見をきちんと言えるようになったという点ではないでしょうか。付き合っていたり一緒に生活をする中で我慢をそのまましてしまったり、自分の意見をある程度は言わないと長く続かないように思えます。

  5. 結婚式からしばらくして何か変化がありますか。

    付き合い始めてからあまり変わりはないと思いますが、とにかく自分の場合は親族が増えましたので名前を覚えることができません(・_・;)…だからといって間違える訳にもいきませんので困りますね…ただ、親族の方々が息子の様に受け入れてくださったのはすごく嬉しいです。他にも先程の回答に重複する部分ですが、何か質問したときなどに対応してくれる店員さんが日本人でなくても気にならなくなりました。

  6. 付き合う上でやってはいけない事はありますか。

    やはり彼女(妻)の国に関する部分で侮辱をしたり、お互いの国に関する政治や経済の話をしたりする事はご法度ではないかと思います。ニュースなどを見て聞かれたりする場合は回答しても問題はないですが、他の詳細な部分などに関しては余程の説明や解説に自信がある、何を聞かれても回答できる場合でなければ言わないのが一番です。特に日常的に考えていたり、この国はこうだと本心で強く思っている場合(固定観念が強い場合)には注意ではないかと思います。意外とニュースとかを見ているとふとした拍子に意外と言葉で出てしまうのではないかと思います。

  7. 結婚してから困ることはありますか。

    やはり困る事もいくつかありますが、その中でも困ることは結婚しても原則は夫婦別姓のままという点です…仕方がないことですが、良く親子で契約する際に契約者を子供にして親が支払うといった場合もあったりしますが、妻が携帯電話を契約して自分が支払いを行うとして契約する事は住民票や戸籍謄本があってもできませんので妻がNMPなどを行う場合は名義人を変更して行うか、妻のまま移動させるかのどちらかになります。妻がクレジットカードを思っていない場合、外国のクレジットカードを持っている場合には実際に支払えるかどうかは手続きを行ってみなければわかりませんので注意です。また、記念日(バレンタインデー)なども日本の考え方と異なる場合もありますので注意が必要です。

  8. ショックを受けたことはありますか。

    簡単に言ってしまえば売国奴と陰口を叩かた事です…グローバルと言いつつも実際にはなかなか実態が追いついていないような気がするな…と感じてしまいます。ただ、この部分はお互いに固定観念が強い部分もありますのでなかなか解決する問題でもない部分ですので自分はショックを受けますが、正直売国的な事をした事もないのに妻が外国人なだけでそう言われるのは心外ですので気にしない様にしています。

この事以外にも色んな事があったりもしますので、あまり細かく考えずに半分なるようにしかならないと思っていくのが基本的なスタイルになる様な気がします。細かい事が気になる方には不向きなのかもしれません。お互い慌てずに行動するのが良いのかもしれません。

[PR]
花粉症の季節になりました。麻黄附子細辛湯小青竜湯などの漢方薬やアレジオンアレグラなどの抗アレルギー薬などがおすすめです。疲れが極端に出る場合にはビイレバーキングドックマン、目の症状もある場合には杞菊地黄丸などの漢方薬もおすすめです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です