久々に映画を見ました

昨日は庭の雑草が生えてきてしまいましたので午前中は雑草を抜いたり掃除をしてから午後は映画を見に行きました。 雑草を抜くのが比較的早めに終わりましたので昼食を近くで食べてから見に行こうという話になりました…今回見に行くことになった映画はキングダム(KINGDOM)という先日に公開となった映画です。

映画「KINGDOM」

自分が見た映画は相変わらず「ハンターキラー潜航せよ」といった妻が見たい映画とは感じの違う映画が見たいのですが、いつもそういう映画をあまり見たがたがらない妻ですので当然見る事は叶わず…今回は妻が見たい映画という事になってしまいましたので「 キングダム(KINGDOM)」という映画を見に行きました。


中国春秋戦国時代を舞台にした原泰久のベストセラー漫画を山崎賢人主演で実写映画化。紀元前245年、春秋戦国時代の中華西方の秦の国。戦災孤児の少年・信と漂は天下の大将軍になることを目標に掲げ、日々の剣術の鍛錬に励んでいた。王都の大臣・昌文に召し上げられた漂が王宮へ入り、信と漂はそれぞれ別の道を歩むこととなる。山崎が主人公の信を演じ、吉沢亮、長澤まさみ、橋本環奈、本郷奏多、満島真之介、高嶋政宏、要潤、大沢たかおらが顔をそろえる。監督は「アイアムアヒーロー」「いぬやしき」「図書館戦争」などの佐藤信介。

映画.comさんより抜粋

概略は映画.comさんにわかりやすい記述がありましたので抜粋させていただきましたが、単行本では54巻まで創刊された始皇帝となる秦王政と主人公・信の活躍を中心に描かれている中国時代劇が舞台で週刊ヤングジャンプのマンガとして連載がなされていたのを50巻記念として実写化がなされた映画という事でした。

マンガ以外にもKINGDOMはアニメがありましたので妻はアニメを見た様でしたが、自分は見ていませんので固定概念がなく見れたと思います。かなりあらすじ的にもわかりやすく、迫力のある映画であったような気がします。

KINGDOMといえばイメージするのが最近ではこちらのアニメや映画だと思いますが、自分の中ではThree Kingdoms(三国志)という超大作ドラマの方がイメージが強いので…確かKOEIが出している三国志のゲームでも特に三国志6では西側に山賊みたいな勢力が居たような、居なかったような…しかも秦・漢・三国と続く訳だからと考えれば西側の山賊としてこの時代から存在しているのかと思ったり…

同じ秦の時代を描いた作品ではHuluで見ることができる大秦帝国 縦横 強国への道という長編ドラマもあったりしますね…

かなり今回の映画は迫力がありましたので良かったと思います。

[PR]
目の疲れには杞菊地黄丸などの漢方薬がおすすめです。また、身体の疲れには加味帰脾湯療方昇陽、食欲不振には人参養栄湯、下肢の痛みには独活寄生丸などの漢方薬もおすすめです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です