名前について

先日、彼女が帰ってきてからの最初の週末は彼女の友人とお会いしました。その彼女の友人とは既にご結婚されておられていますが、夫婦共に外国籍の方で子供も1人おられます。日本で仕事をされておられる方々ですので日本語もそこそこ話す事も出来ます。駅で集合してからご飯を食べる場所まで行って色々な話をしました。

ご飯を食べる場所に着いてから色々と話始めたのですが、その際にお名前を聞いて少し困惑してしまいました…
たーちゃん改めてはじめまして…お名前は?
彼女の友人(お会いした妻)私の名前は○○○○○○○○○○(主人と異なる苗字)です。
彼女の友人(お会いした主人)私の名前は○○○○○○○○○○(妻と異なる苗字)です。
たーちゃんええっと…お子さんのお名前は?
子供の名前は○○○○○○○○○○(主人と同じ苗字)です。
たーちゃんそ、そうですか…よろしくお願いしますね…

…といった感じで名前を伺った際に最初はこの会話をした際にかなり違和感に感じる部分がありました…聞いた時点ではその部分に対しては話をするのはやめようと思っていましたので話をしませんでしたが、実際には夫婦の苗字や子供の苗字が同じだったり異なったりしていますのでかなり困惑してしまいました…

後にその理由が分かりましたが、その時に思ったのは大変失礼な部分でもありましたが、なにか複雑な家庭環境が合ったのだろうかとか、何か別の苗字にしている意味が何かあるのだろうなとか、本当にご結婚されておられているのだろうかといった感じで少し困惑してしまいました…あまり名前は気にしたりしないのですが、この時はちょっと気になってしまいました…

帰宅してから疑問に思ったので彼女に聞いてみると「その国では別姓で問題がないから普通だよ!」といった回答が…そう言われてみるとなんとなく「そうだな」と思ってしまう部分ですね…確かに日本では通常夫婦の名前(苗字)は一緒というのが原則に思えますが、アジアの地域などでは夫婦であっても別姓で問題はない国もあったりしますのであまり驚かずに話をすると良いかもしれません…

それにしても最近、なんとなく彼女が日本人っぽく見えて自分が日本人っぽく見えないという事があるようでして…以前、中華街などに行った時に彼女に対してはこれどうですか?あれどうですか?とすぐに声をかけられたりするのに自分の場合はプイッといった感じでして…女性と男性で違うという事もあるのでしょうが、ある意味で逆転現象が発生しているように感じます…

[PR:春の朝起きるのが大変な方に…]
春眠暁を覚えずというフレーズがありますが、朝起きるのが辛いという方には気を補う補中益気湯などの漢方薬がおすすめです。また、精神的に疲れていたり、落ち着きがない、眠りにつきにくい…などといった部分が気になる方にセントジョンズワートのサプリメントやアロパノールなどが漢方薬がオススメです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です