中国に行ってきました③(写真撮影)

写真撮影も経験しました

無事に結婚式を終えた後には結婚の写真撮影を行いました…っといっても最初は撮影所での撮影でしたのでドレスアップなどのセットを行ってから撮影に臨みましたが…本格的なセットを背景に色んなポーズを行ったりしながら撮影、衣装替えを行ってまた撮影といった感じで繰り返して撮影を行いました。

セッティングは撮影所⁉
撮影所⁉

撮影所の中もかなり広くて西洋から東洋まで様々なシチュエーションの部屋が分かれています。値段も数万からといった感じの様でかなり手頃で行ってくれるようです…結婚式などの予定時間の関係もあり、髪などをセッティングをする場所も早い時で朝の3時くらいから混雑が始まるという感じなのだそうです。

自分達が行った時間はすでに何回か写真手前の席が満席になっていたそうでして…なんか大変なお仕事なんだなあっと…感じてしまいました(;・∀・)

撮影をした後になりますが日本では行わないのですが、中国では選んでアルバムに入れることができる写真に関しては「色々な加工」をする事ができるのだとか…日本で言われているphotoshopで加工して腕を小さくとか、体系を細くして格好良くとか、背景を別なのにとか…そういう事でしょうか。それに写真撮影時には実際に自分と妻の背丈にかなりの違いがありますので土台をセッティングして背丈を調整したりと…ある意味で凄いですね…

最終的にこういうポーズにしてくださいといった感じでとにかくポーズにもこだわります…何着かに着替えて撮影をしながらではありますが、その中でも中国の伝統衣装に着替えて撮影した際にサングラスを掛けたり、扇子を持ったり、昔ながらの煙草を吸うための長いバージョンのパイポだったりと…

それに加えてあまり普段しないポーズなども行ったり、着替えをする度に髪などのセッティングを直したりもしましたのである意味でちょっと面白かったですが…

室内で撮影してから屋外で撮影も行いました…っといっても屋外はマイナス何度の世界で自分は今までに着た事がないスーツに蝶ネクタイ、妻は肩が全開になっているウェディングドレスといった感じでして…撮影場所の水たまりはすでに凍っていてスタッフの方がふざけて石を凍っている水たまりに投げると音がビュンビュンと鳴りながら石が弾くといった感じの状態で風も相当ビュンビュン吹いている感じでしたので…正直寒いどころではなく、すぐに暖房のある部屋に行きたくなる程に寒かったです(-_-;)

実際には場所を何か所か移動しながらの撮影を行い、ポーズも何度も似たような感じで向きを変えて撮影したりもしましたので相当な枚数を撮影していました…撮影時間もほぼ半日埋まってしまうほどでしたがスタッフの方が非常に良い方々ですので良かったと思います。

撮影した写真は大体2日程でデータとして完成してその中からアルバムに収める写真(加工済)を選択したのですが…当初10時半を予定していた開始時間は遅れてしまって11時半開始になってしまいまして…なかなかどの写真にしたら良いのか決まらずにいると親や親族の方々が来てこれにしたらどうだと議論が始まり、結局選択するだけで結局2時間半くらい掛かってしまいました…

[PR]
春の疲れにはビイレバーキングドックマンなどの滋養強壮剤がおすすめです。朝起きれない場合には補中益気湯加味帰脾湯などの気を補う漢方薬もおすすめです。目の疲れがある場合には杞菊地黄丸がおすすめです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です