三渓園

連休が終わりました…

3月の連休も終わりましたね…この連休が終わるといよいよ4月からの準備が本格化してきた方も多いのではないでしょうか。自分は日曜と月曜がおやすみでしたので連休中は非常に良い天気に恵まれましたので良かったと思います。連休はどこへ行っても混雑してしまいますし、お彼岸でもありましたので日曜日には朝早めにお墓参りに行ってからお昼には回転寿司へと行きました。

回転寿司に行った後ではIKEA港北やショッピングモールなどへ立ち寄って必要な物を購入して親を送ってから帰宅しました。流石にかなりの距離を運転しましたので流石に疲れてしまいましたが、久々に家族で外出できましたので良かったと思います。帰宅してから翌日はどこにいこうかと話してみると妻が三渓園に行きたいという話になりましたので行くことになりました。

行くまでに何度かイラッと…

する事がありました。1点目はマクドナルドの店頭で食べようと駐車場に駐車する際に出入口が一緒になっているところで自分たちは入口から入ってぐるっと回って駐車をしようと進んでいると出口から直接入ってきた軽自動車がそのまま止めようとしていた場所に停車するという事態が発生し、自分たちはバックして別な場所に停車をしなければならない状態に…店内で前に並んでいたので一言嫌味を言って結局混雑していたのでドライブスルーで注文してそのまま出発する事にしました。

2点目は車線変更禁止帯を何度も行き来する車がいて、挙句の果てに自分の前を遮って無理やり車線変更してきた車がいたので危ないと思いクラクションを鳴らしましたが、そういう車は当然無視ですね…

連休に無理な運転をされるドライバーも多い感じがしますので宅配業者さんのドライバーなどがイライラする気持ちがわかります…三渓園に行った後で羽田空港へ行ったのですが、反対車線を横断してから右折する場所で反対車線を右折して逆走する車がいて目の前の交番から慌てて警官が走って止めていました…

くれぐれも注意してほしいと思いますが…

三渓園

三渓園へ行きましたが…

カーナビにある意味で騙されました(-_-;)…っというのも最初に三渓園で調べた際に駐車場ではなく三渓園が検索されましたのでそこを目的地で行ったのですが、そのカーナビでは三渓園には駐車場がないという事でコインパーキングに駐車をして脇にある道を登ろいうとしたのですが…

なんとそこには「この道は三渓園には行けません」といった表示や「これより先は私道で工事などには許可が必要になります」といった文言の看板がありまして…なんか違う場所に来てしまったかな…っという事でGoogleMapで検索をしてみると駐車場が存在しているではありませんか…っという事で仕方なく駐車場から出発して三渓園の駐車場へと向かいました。

駐車場や交通機関

三渓園には駐車場があるのですが、自分が行った際には入口手前で係員の人に停車させられました。どうやら手前で待たせて駐車場に空きができたら中に案内するといった方式を取っている様です。駐車場は2時間まで500円で以降は30分毎に100円がかかります。

交通機関ではバスやタクシーなどもありますので車でなくても行くことができます。特に土日祝日限定になりますがぶらり三溪園BUSというバスが臨時で運行されていたりもしますので便利です。

三渓園は入園料が掛かります。

三渓園では大人500円、子供200円で入園チケットを購入してから中に入りますが、残念ながら2017年7月か9月に大人が500円から200円程度値上げをして700円になってしまう様です…開演時間は午前9時から午後5時で入園の締切は午後4時30分となっています。

三渓園

三渓園は外国人の観光客も多く来ていました。入口も本牧自然公園から入る南門と駐車場などがある正門とがありますが、自分たちは正門から入りました。目の前には大池が広がり、そこには鳥や鯉が何匹もいました。

大池に浮かぶ船には鳥が止まっていて理由は分かりませんでしたが、なぜか羽を広げる動作を何度もしていました…脇に平行している遊歩道的な場所を歩き、小橋の中心に立つと何故か鯉が寄ってきました(^_^;)…どうやら餌を上げる人と勘違いしているようで口を水面に出してパクパクしていました…

鶴翔閣は貸し切りという事でしたので残念ながら見る事ができませんでした。どうやら結婚式などで貸し切りで使用することができるようですのでホームページなどで確認されるのも良いかもしれません。

そのまま進んでいくと三渓記念館や内苑といった感じで見ることができます。重要文化財なども多いので貴重な建築物を内見、外見から見ることができます。

思っていた以上に内部が広いのでびっくりしました。内苑では季節によって通れる場所もあり、そこから見る景色は絶景だと偶然声をかけてくださったボランティアの方が教えて下さいました。季節的には春には緑の景色、秋には紅葉の景色が楽しめるのだそうです…季節的には若干早かったみたいですので機会があれば妻とまた来ようという話にもなりました。

[PR]
休みの日に出かけた後で疲れが出てしまう方にはビイレバーキングドックマンなどの滋養強壮剤がおすすめです。また、歩き過ぎなどで下肢が痛む方には独活寄生湯、ドライブなどの目の疲れには杞菊地黄丸などの漢方薬がおすすめです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です