北京へGO!パート2

いよいよ東京でも気温が寒くなってきました。少し歩くなど運動をするとすぐに汗をかいてしまったりもしますが、体温の調節には十分注意をして風邪などを引かないように十分に気をつけていきたいと思います。先日に北京へ行った事を掲載し、雍和宮(中国語サイト)へ行った話をしましたが、その続きになります。

当然、旅行意外にも仕事の関係で行きましたので、雍和宮(中国語サイト)の翌日に予定としていた仕事などの予定に関しては全てを予定通り行いました。渋滞などを予測していましたので余裕を持って行動しましたが、やはり渋滞などが発生していたり、色々な場所に行かなければなりませんでしたので相当予定が詰まっていしましたが・・・なんとかほぼ時間通りに問題なくスケジュールをこなす事ができました。

頤和園(SummerPalace)の入口
頤和園(SummerPalace)の入口

仕事もなんとか終了しましたので翌日には頤和園(中国語サイト)へ行きました。名称も頤和園の他にSummer Palaceとも呼ばれ、世界遺産に認定されています。入口でチケットを購入するのですが、色々なプランがありますので選択されると良いかもしれません。全て見たい方は全部が包括された50元のチケットを購入してください。また、多言語で自動的に案内を為てくれる自動案内機(有償)を貸し出ししていますので、聞きたい方は借りてみても良いかもしれません。

この自動翻訳機はGPSに沿って案内が流れる設計ですので歩いていると案内が自動的に始まります。自分だけかもしれませんが実際には説明の途中で説明や案内が途切れてしまったり、説明している日本語も流ちょうではあるのですが若干おかしい状況です。ただ、意味としてはきちんと理解ができると思います。

観光客が描いた水文字
観光客が描いた水文字

頤和園(中国語サイト)の中を実際に歩いてみました。入って少し歩くとおじいさんが水の入ったペットボトルが結びつけてある筆で色々な文字などを描いたりしていました。晴れの日しかできないのでしょうが、自分で文字など描いたり、観光客として来た方々に名前などを描いていたりと楽しんでいました。

[PR:疲れた方には・・・]
旅行などによって疲労を感じてしまった方にはビイレバーキングドックマンなどの滋養強壮剤がおすすめです。また、目の疲れもある方には杞菊地黄丸などの漢方薬もおすすめです。季節的にも寒くなってきましたのでハクキンカイロなどでしっかりと身体が冷えないようにしましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です