中国へ行ってきました②

前回の続きです。

前回は中国に行って北京ダックを食べた話をしましたが、今回はその続きです。次の日には中国の象徴でもある場所を見学しようという事になっていましたので朝から地下鉄で移動をする事にしました。北京の地下鉄は色々な路線が運行されていますので移動にも気軽に使えて便利です。

天安門広場へ…

さて、最初に行ったのは天安門広場です。実は自分はその時には前門から天安門広場へは初めて北京を旅行した際に一度行った事がありました。今回は朝早めに出ましたので地下鉄で移動して現地に到着してから前門側へ移動して朝食を取りました。なかなか食べる場所も服ない関係もあるかもしれませんが、かなり混雑をしていましたので食べるまでに時間がかかってしまいました。

朝ごはんは昨年も食べた事がありますが包子を食べました。自分が最初に行った際にはなかなか見かけなかった店舗ですが最近は増えているとの事でした…言われてみると確かにそうだなと…それにしても混雑しているとかなり混乱しているようで余計に時間がかかっているようでした。

ご飯を食べて人民大会堂へ

朝ごはんを食べてから人民大会堂に移動をして中を見ました。

人民大会堂
人民大会堂

人民大会堂は行事や会議などがなければ中を見ることができますが、季節や時期によってはできませんので注意が必要です。中には代表庁などもありますが、開放されている場所が決まっていますので見れる場合と見られない場合があります。

人民大会堂の大会議堂も見ることができました…最初は記念撮影のブースから大会議場へ入る入口がありましたので記念撮影を有料でしなければ中に入ることができませんでしたので半分諦めていたのですが、先まで進むと自由に中に入ることができる場所がありました。みんな記念撮影などを行っていましたのでかなり人が多かったのですが、大会議場はかなり大きかったです。

お昼を後回しにして後宮へ

その後、昼食を食べてから後宮を見ようとしたのですが朝食の時間が遅めになってしまったのであまりお腹もすかずに先に進もうという話になり、そのまま故宮へと行くことにしました。偶然ですが、天安門が開いていて通行することができましたので通ることにしました。自分たちが通ったのは中央の門でしたが相当の混雑していました。

端には警官もいますが私服(といってもわかりやすい服装)をしたSPみたいな感じの警らがいたりしてかなり厳重な警備がなされていました。門を通過するときにかなり風が吹いてきますので涼しかったのですが、一歩出ると汗がじと~っと出るほど暑い感じで日傘をさす方も多いので係員がささないでください…っといってはいますが半分無視してさすますので傘の端がバシバシと当たって痛かったです…中に入るとすごく広いという事がわかります。

[PR]
身体の疲れもあるけど目の疲れが酷い…っという方には杞菊地黄丸などの漢方薬がおすすめです。また、夏に起きやすい胃腸の症状には霍香正気散などがおすすめです。身体の疲れにはビイレバーキングなどもおすすめです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です