HUAWEI watch gt 2 proを購入しました

緊急事態宣言が発令されています事から在宅勤務などで対応する日がかなり増えてしまっております…リモートで会議などをしている姿を見ていた外国人の妻がなんとなく自分が精神的に疲れなどがあると見ているのかは不明ですが、なんとなく仕事などの影響もあってか精神的な部分で少しイライラしている様に見えると言われてしまいました…そこで妻からスマートウォッチをいい加減新しくして購入したらどうかという話になりました。

HUAWEI WATCH GT 2 Proについて

スマートウォッチを色々と拝見したのですが、やはり昨年末から個人で使用しているスマホをHUAWEI P40 lite 5Gへ変更した上で使用している経緯がありましたので妻からHUAWEIにしたらアプリ設定なども楽にできるのではないだろうかという意見がありましたのでHUAWEIにする事にしました。

HUAWEI WATCH GTを購入しようとしたところ…

色々と見ていく中で当初は価格的にもHUAWEI WATCH GT辺りで良いのではないかという事で妻にこれで良いのではないかと相談をしたのですが、よく調べてみると機能としてストレスの度合いを検査する機能(ストレスメーター)が搭載されていない事が判明し、これでは駄目と否定されてしまいました…同様の理由でHUAWEI Watch GT2eも搭載されていないので却下となりまして…

HUAWEI WATCH GT2 Proを選択しました

HUAWEI WATCH GT2 Pro
HUAWEI WATCH GT2 Pro

色々と店員さんと相談してみるとやはりHUAWEI WATCH GT2 Proに関しては、値段は高いけど機能やバッテリーの持続時間なども充実していてメリットもあるのではないか…という話になりましたので妻に相談してみるとこれが壊れるまで使うならいいよと許可が得られましたのでこちらの機種を思い切って購入する事しました。実際に帰宅した後で設定に関してもHUAWEI機種に搭載されているヘルスケア機能を起動するとすぐに認識してくれましたので親和性はあるなと感じました。 

主に気に入ったところ

使用を開始して数日ではありますが、個人的に気に入っている部分を紹介したいと思います。

デザイン

正直、液晶部分は大きいので画面は見やすくなっています。ただ、大きさが大きいのでこの部分は好き嫌いがあるのではないかと思います。通常の時計などはバンドを抑える部分が1箇所なのに対してgt2 proはバンドを抑える部分が2箇所となっているので運動後にバンドがベロンとなることも無い状況となりますので便利です。素材もチタンとセラミック素材となっています。

文字盤が電子デザインとなっていますが、このデザインも変更はできますがデフォルトで入っているデザインも気に入りましたのでこれも今回こちらの機種にした理由の1つです。

ストレス計測

今回はこの機能が欲しくて購入している部分もありますが、最初は自動でテストが行われない設定となっています。自動でストレステストを行いたい場合にはデバイス → 接続中のデバイス → ヘルスケアから自動ストレステストをONにする事で可能となります。ストレス値も平均で出してくれるのでこの時間帯にこういう感じだったな…っと振り返ることも出来ます。

呼吸法訓練

息を吸う・吐くという動作を一定間隔で指示してくれて、深呼吸をする事を呼吸を整えてくれるモードです。1分間になりますが呼吸がきちんと問題なく出来ているかなどを確認してくれますので便利な機能でもあります。ある意味で定期的に測定することで呼吸が問題なくのかを計測することで確認できますので便利ですね…

[PR]
リモートワークなどによる目の疲れが顕著な場合には杞菊地黄丸洗肝明目湯などの漢方薬がおすすめです。また、寒さなどによる下肢の痛みなどには独活寄生丸ケアマックスNEO、肩こりや頭痛などでお困りの場合には冠心逐瘀丹などもおすすめです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です